バトミントンシャツのバーゲンでの見つけ方!

オリンピックで日本人選手が活躍したことで試合を始めてみることができた、そんなスポーツがいくつかあるという方は少なくないでしょう。そのひとつがバトミントンです。幼いころは友達と公園やお庭などの狭い場所で、簡単にできてしまうバトミントンにも正式なルールがあるのです。では、バトミントンシャツやパンツ、バトミントンウェアにも規定があるのでしょうか。ここでは、バトミントンウェアについてご紹介します!バーゲンでの見つけ方もご紹介します。

バトミントンウェアのルールはテニスと似ている

バトミントンをするときのベーシックなスタイルは、トップスが襟のあるバトミントンシャツで、ボトムスにはハーフパンツかショートパンツといったスタイルです。動きやすく伸縮性のあるもので、基本的にインドアでのプレイになるので、夏の暑いときはプレイヤーがかなり熱くなるので、クールダウンできるような素材や吸汗性が高く、汗でバトミントンシャツが肌にはりつくことのない速乾性のある素材のものがいいです。動きやすいという点では女性はスコート率が高いです。その日の気分でいろいろなタイプのものを着用したい場合は、バーゲンで探すのが一番です。見つけ方はネットショップを利用するのがいいでしょう。希望するスタイルと色、デザインで検索してみてください。

バトミントンシャツの色の規定はほとんどない

バトミントンシャツとパンツ、スカートの組み合わせは基本的にプレイヤーの自由です。対戦相手や応援してくれる観客が不快に思わないものであればOKですので、気になる場合は大会運営サイドに確認するといいでしょう。

オリジナルを作成する場合はルールを厳守

チームでオリジナルのウェアを作ろうという場合は、チーム名と選手、そしてスポンサー名と都道府県名をウェアにプリントする場合のルールがありますので、調べてからオーダーしてください。文字の大きさは一文字あたり縦6㎝~10㎝、横30㎝以内という規定がありますし、ゼッケンの文字は8㎝×4㎝四方です。他にも背番号は中央に表示することになっていますし、パンツに入れる場合もメーカーロゴを含まず前面に2つまでなら選手の名前やチーム名などを入れることができます。ルールを厳守したオリジナルウェアでバトミントンを楽しみましょう。

大会によって異なるルールを把握する!

楽しくバトミントンをするにはゲームルールのほかに、出場するにあたってのルールを確認し、それを遂行することが必要です。バーゲンでお値打ちにウェアを手に入れてくださいね。